藤井フミヤ展 Fumiyart2024

2024年1月20日(土)~3月25日(月) 八戸市美術館


 ミュージシャンとして長年にわたり活躍している藤井フミヤ。1993年にCGアート作品による初の個展を開催し、国内外で作品を発表しました。16年もの長い沈黙を破り東京で開催した2019年の展覧会は大盛況を収め、再び画家としての脚光を浴びます。本展では独自の表現で描かれた女性像を中心に、油彩・水彩・切り絵・貼り絵・ボールペン画、またシールや針金を使った作品など約100点を公開します。時に甘美なエロティシズムが香り、時にファンタジックな夢想を喚起させる藤井フミヤの世界をぜひご堪能ください。



7千人目の観覧者となり、宗石美佐副館長(右)から記念品を受け取る小林浩美さん=28日、八戸市美術館

観覧者7千人到達 2度目の来場、東京の女性に記念品贈呈

 八戸市美術館で開催中の絵画展「藤井フミヤ展 Fumiyart2024」(デーリー東北新聞社主催)の観覧者が28日、7千人に到達した。館内でセレモニーが開かれ、節目の入場者となった東京都の会社員小林浩美さん(46)に記念品が贈られた。

 ミュージシャンとして活躍を続ける藤井さんのアート活動にスポットを当てた同展。会場には、CGアートや油彩画、ワイヤアートなど、アナログとデジタルの両技法を用いた作品約130点を展示している。

 セレモニーでは、同館の宗石美佐副館長から小林さんに、藤井さんの直筆サイン色紙や特設ショップの人気商品の詰め合わせが手渡された。

 各地で開かれる同展やコンサートにほぼ足を運ぶという小林さんは、1月20日の開幕初日にも来館。今回で2度目の観覧となるが、「見ていて全然飽きない。(同展は)会場によって展示の仕方が違い、今回は八戸の美術館の雰囲気ととても合っていていいですね」と笑顔を見せた。

 東北地方以北で初の開催となる同展は3月25日まで。チケットは一般1500円、高校・大学生900円、中学生以下無料。時間は午前10時~午後7時(入場は同6時半まで)。火曜休館。



 ◆ 関連記事

 ▶ 掲載紙面をご希望の方はこちら ◀

 ▶ イベントの詳細ページはこちら ◀

 ◆ Fumiyartの世界


 ◆ 展示作品の一部

《AI Girl in Space》2018年 71.5×115.5cm 油彩、キャンバス
《AI Girl in Space》2018年 71.5×115.5cm 油彩、キャンバス
《EYES in Red》2021年 72×148cm アクリル、インクジェット、キャンバス
《EYES in Red》2021年 72×148cm アクリル、インクジェット、キャンバス
《ボッティチェリへのオマージュ「Venus and Mars」の模写》2019年 70×179cm ボールペン、紙
《ボッティチェリへのオマージュ「Venus and Mars」の模写》2019年 70×179cm ボールペン、紙
《ターンテーブル》2016年 37×44.5cm 水彩、紙
《ターンテーブル》2016年 37×44.5cm 水彩、紙
《EGO-016-SHRINE》1995年 90×72cm CG、紙
《EGO-016-SHRINE》1995年 90×72cm CG、紙



 ◆ インフォメーション

会  場 八戸市美術館(八戸市番町10-4)
会  期 令和6年1月20日(土)~3月25日(月)※火曜休館
開催時間 午前10時~午後7時 ※入場は午後6時30分まで。
入場料(税込み) 一般:当日券1,500円/高校・大学生:当日券900円/中学生以下無料 団体割引設定(20名以上 一般1,000円、高校・大学生600円)
主  催 デーリー東北新聞社
共  催 八戸市美術館、khb東日本放送、IAT岩手朝日テレビ、ABA青森朝日放送
特別協賛 プライフーズ
協  賛 三八五グループ、南部電機
後  援 エフエム青森、コミュニティラジオ局BeFM、VISITはちのへ
企画協力 エフエフエム、アートオブセッション
会場構成・デザイン おおうちおさむ
お問い合わせ デーリー東北新聞社地域ビジネス局コミュニティー事業部 電話:0178-80-7299
受付時間 平日午前10時~午後5時 土日・祝日を除く

◆ チケットのお求めは

 ● デーリー東北チケットセンターTEL:0178-73-2882(午前10時~午後4時 土日・祝日を除く)
 ● 八戸市美術館TEL:0178-45-8338(午前10時~午後7時 火曜除く)