デーリー東北デジタル、アプリ利用案内
アプリは4月14日配信開始しました(iOS、Android版)
詳しいサービス内容や利用方法は特設の紹介ページをご覧ください。
利用料金と使えるサービスについて
新聞購読 会員の種類 料金(月額、税込み) プッシュ通知 有料記事 紙面ビューア 新聞宅配
購読中 新聞併読会員
(紙+デジタル)
無料
(追加料金なし)
非購読 新聞併読会員
(紙+デジタル)
2,900円
有料会員
(デジタル単独)
2,900円 ×
無料会員 無料 × × ×

デーリー東北を定期購読中の方

無料で登録・ご利用できます。
  • 法人・団体で契約の方は登録できません。(宅配エリア外で郵送購読の方は利用可能です)

デーリー東北を購読されていない方

  • 1契約につき1アカウントとなります。
  • 利用料金は、毎月の契約成立日(例:1月15日に契約成立なら毎月15日)に翌月分を請求し、指定の口座より振替させていただきます。詳しくは利用規約をお読みください。
新規会員登録に関する問い合わせはメール(dtdinfo@daily-tohoku.co.jp)でお願いします。
紙+デジタル併読コース(月額税込み2,900円)
  • 登録した月は無料ですが、登録した時点で登録翌月の利用料金が発生します。登録月に解約しても料金は返金致しません。
  • デジタル版は登録後すぐにご利用できます。紙の新聞は翌月から配達されます。
  • 新聞宅配エリア内に所在する法人・団体は登録できません。エリア外の法人・団体は登録可能です。
デジタル単独コース(月額税込み2,900円)
  • 登録した月は無料ですが、登録した時点で登録翌月の利用料金が発生します。登録月に解約しても料金は返金致しません。
  • 新聞宅配エリア内に所在する法人・団体は登録できません。エリア外の法人・団体は登録可能です。
無料会員
  • 登録すればアプリのプッシュ通知機能でニュース速報を受け取れます。
  • 有料記事や紙面ビューアはご覧になれません。
  • 宅配エリア外でデーリー東北を定期購読する場合、郵送料を含め月額4,500円(税込み)が掛かります。
  • 配達は翌日以降となります。希望する方はデーリー東北新聞社販売部=フリーダイヤル0120(365)339=(平日9:30~17:30)にご連絡ください。
デーリー東北デジタルの特徴
  • 速報はもちろん、幅広いジャンルのニュースをよりスピーディーにお伝えします。新聞紙面より早く随時更新しますので、青森県や岩手県北で起きている出来事がよりリアルタイムに近い形で把握できます。
  • お悔やみ情報もいち早く更新。毎日19時ごろまでにアップします。
  • 紙面ビューアは毎朝午前5時にはアップ。過去1カ月分が閲覧可能です。紙面ではモノクロ印刷されている面も紙面ビューアではカラー表示されますので、よりカラフルな紙面をお楽しみいただけます。本紙のほか小中学生向け新聞「週間DJ」や生活情報誌「月刊Chou Chou」などの別刷りもご覧になれます。
  • 気になった記事や後でゆっくりと読みたい記事は、各記事の下部にある「お気に入り登録」ボタンを押すことで「お気に入りリスト」に登録することができます。「お気に入りリスト」ボタン、またはヘッダー部分の「マイアカウント」をクリックしていただくと、お気に入りリストが表示され、いつでも選択した記事を閲覧することが出来ます。
よくあるご質問(FAQ)
Q. 新聞を定期購読していませんが申し込めますか。
A. デジタル単独の利用となる「有料会員」、新聞購読とデジタルの併用となる「新聞併読会員」とも月額2900円(税込み)で申し込めます。ただし、新聞の販売エリアに所在する法人・団体は「有料会員」「新聞併読会員」とも申し込みの対象外となります。新聞購読のみを申し込みたい場合はフリーダイアル0120-365-339(受付:平日の午前9時30分~午後5時30分、利用エリアは青森、岩手両県)にお掛けください。
Q. 既にデーリー東北デジタルの会員ですが、アプリも利用できますか。
A. アプリをダウンロードしていただければ、既に登録済みのID(メールアドレス)とパスワードでアプリ版へもログインできます。新規会員登録はなさらないようお願いします。
Q. 世帯主の名義でデーリー東北を定期購読しています。家族でもデジタル版を申し込めますか。
A. 購読の有無を確認する必要があるため、必ず新聞契約者の氏名で登録してください。それ以外の氏名での登録ですと、当社側で新聞購読が確認できず登録を抹消する可能性があります。
Q. 登録したアカウントを本人以外が使用してもいいですか。
A. 同居する同一世帯の家族に限りアカウントの共有は可能です。ただし、使用できる端末は一定の台数に制限しております。同居家族以外の利用が確認された場合、規約違反とみなして登録した会員情報を抹消し、場合によっては損害賠償を請求する可能性があります。
Q. 既にデーリー東北を定期購読しています。「新聞併読コース」は何アカウントでも申し込みできますか。
A. 新聞1購読につき1アカウントのみ登録可能です。
Q. 会社単位で申し込みはできますか。
A. 紙の新聞の販売エリア内に所在する法人・団体は「デジタル単独コース」「新聞併読コース」とも対象外となりますので申し込みできません。
Q. 解約はどのように行えばいいですか。
A. WEB版、アプリ版とも「マイアカウント」のページ内にある退会のフォームからメールにて解約したい旨をお送りください。
Q. 無料会員から有料会員に変更したいのですが。
A. WEB版、アプリ版とも「マイアカウント」ページから変更が可能です。
Q. 新聞購読を止めると、デジタル版も利用できなくなりますか。
A. 新聞併読会員の場合、新聞購読をストップすると、そのタイミングでデジタル版の閲覧ができなくなります。デジタル版のみを続けたい場合は、新聞購読を止める際、配達している販売店にその旨をお伝えください。販売店側からその後の手続きについてご説明いたします。
Q. 仮登録後のメールが届きません。
A. 当社からのメールを迷惑メールとみなして受信できない可能性があります。当社のメールアドレス(send-only@ml.daily-tohoku.news)を受信できるよう設定を変更してください。
Q. 2段階認証の際にSMS(ショートメール)が届きません。
A. 端末がSMSを受信できない設定になっている可能性がありますので、設定を確認してみてください。
Q. 音声通話機能がないデータSIMを入れた端末なので、SMSを受信できません。
A. SMSを受信可能なお手持ちの携帯電話等に認証コードをお送りします。手順は以下の通りです。
  1. 認証コードを入力のする画面にある「再送信」ボタンを押します。
  2. 「SMSが受信可能な電話番号をご入力下さい」とある画面が出てきます。
  3. SMSが受信可能なお手持ちの携帯電話等の番号を入力して送信しますと、その携帯電話等に認証コードが送信されます。
  4. 受け取った認証コードを入力すればご利用が可能になります。
  5. SMSを受信できる端末をお持ちでない場合は、本社までお問い合わせください。
Q. メールアドレス(ID)やパスワードを変更したい。
A. 「マイアカウント」ページの「メールアドレス変更」「パスワード変更」という表示をクリックすると、変更作業が行えます。
Q. パスワードを忘れました。
A. ログイン画面の下部に「パスワードをお忘れの方」という表示がありますので、その文字をクリックしていただくとパスワード再発行のページで新たなパスワードを設定できます。
Q. 引っ越して住所が変わります。
A. 「マイアカウント」ページの「登録情報の変更」をクリックすると、登録してある住所の変更が行えます。「新聞併読会員」で配達場所を変更する、または新聞購読を止める方は、引っ越す前に新聞を配達していた販売店に連絡をしてその旨をお伝えください。
Q. 別のクレジットカードでの決済に変更できますか。
A. 「マイアカウント」ページの「決済方法の編集」という表示をクリックすると、決済を行うクレジットカードの追加や削除が行えます。
Q. クレジットカード決済だと請求書や領収書は発行しますか。
A. クレジットカード会社の発行する明細書を確認してください。請求書や領収書の発行に関しては個別のカード会社にお問い合わせください。
Q. 会員登録してWEB版のデーリー東北デジタルを閲覧していますが、プッシュ通知は届きますか。
A. プッシュ通知はアプリ固有の機能です。通知を受けたい方はスマホかタブレットでアプリをダウンロードし、ログインを済ませてください。
お問い合わせ