「三戸リンゴ」に熱視線 百貨店バイヤーに売り込み

ミニふじの園地でバイヤーに説明する吉田広史社長(左から2人目)ら=26日、三戸町
ミニふじの園地でバイヤーに説明する吉田広史社長(左から2人目)ら=26日、三戸町
青森県有数のリンゴの産地である三戸町で、果樹をブランド化する取り組みが始まっている。生産量や保存体制では一大産地である津軽地方に劣る中、同町の地域商社SANNOWA(サンノワ、吉田広史社長)が町で栽培される「ミニふじ」と「百年紅玉」に着目。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら