次世代新幹線が試験走行 JR東日本、時速380キロ到達

 JR仙台駅に入線した新型試験車両「ALFA―X」。手前は10号車=27日深夜
 JR仙台駅に入線した新型試験車両「ALFA―X」。手前は10号車=27日深夜
JR東日本が次世代新幹線の開発に向けた新型試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」の試験走行を重ねている。東北新幹線の仙台―新青森間で週2回ほど実施しており、27日深夜、報道関係者に公開した。現在の新幹線より40キロ速い最高速度360キ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら