【消費増税1年・北奥羽】消費減退、先見えず 「一時的」コロナで激変

消費者の節約志向の高まりを受け、スーパーは生活必需品の価格を下げている=10月上旬、八戸市のユニバース南類家店
消費者の節約志向の高まりを受け、スーパーは生活必需品の価格を下げている=10月上旬、八戸市のユニバース南類家店
2019年10月に消費税率が10%に引き上げられてから1年がたった。今年6月まで続いたキャッシュレス決済のポイント還元制度や軽減税率の導入もあり、北奥羽地方では消費の落ち込みは一時的との見方が大半だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら