【ブレイズ―クレインズ】好機生かせず競り負け

ブレイズは相手よりシュート本数が多く、相手の反則による数的優位の時間帯も長かったが、いずれも生かせなかった。大久保智仁監督は「攻めの形は悪くないが、決めきれなかった」と敗因を述べた。 第1ピリオドにチーム2点目を決めた大宮良は「素早い攻守の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録