認証制度、講座で事故防止 新レジャーに宮城海保啓発

 宮城海上保安部が開講する「スタンドアップパドルボード(SUP)」の安全講座(同保安部提供)
 宮城海上保安部が開講する「スタンドアップパドルボード(SUP)」の安全講座(同保安部提供)
水上に浮かべたボードに乗ってパドルでこぐ「スタンドアップパドルボード(SUP)」が近年、新たなマリンレジャーとして人気を集めている。一方、増加する事故を防ごうと宮城海上保安部(宮城県塩釜市)は、独自の認証制度創設や安全講座を通じた啓発に力を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録