【ワッツ-名古屋】最後まで主導権奪えず

青森は、同じ東地区で首位を走る名古屋相手に完敗。堀田剛司ヘッドコーチは「序盤で試合を決められた」と悔しがった。 試合は立ち上がりからインサイドを崩され失点を重ねた。中を固めると外から決められ、前半だけで7本の3点シュートを含む52失点と圧倒.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録