新たな古間木橋15日供用開始 道幅拡大、急カーブも解消

15日から供用が始まる古間木橋=12日、三沢市
15日から供用が始まる古間木橋=12日、三沢市
青森県が架け替え工事を進めていた県道三沢十和田線の新たな古間木橋(三沢市新町2丁目―本町2丁目)が完成し、15日午前8時半に供用を開始する。青い森鉄道三沢駅北側の線路の上に架かる跨線橋は、道路部分の幅が現橋の倍近くに広がり、距離が長くなるこ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録