十和田ミートプラント、牛専用施設23年4月操業 と畜頭数3倍、地元雇用も

旧十和田食肉センターの事業を引き継ぎ、「十和田ミートプラント」として運営するIHミートパッカー(十和田市)は12日、牛専用の処理施設を現施設の南側隣接地に整備し、2023年4月に操業を開始する方針を明らかにした。新施設での年間の牛処理頭数は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録