景気停滞、物価高の二重苦 影響、日本にも忍び寄る

 世界経済の現状のイメージ
 世界経済の現状のイメージ
国際通貨基金(IMF)が世界経済の見通しを下方修正した。新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大に加え、エネルギー価格が高騰。景気停滞と物価上昇が重なる「スタグフレーション」を心配する見方も出ている。欧米に比べて成長率が伸び悩む日本にも「二重.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録