Free災害時の機材、優先で借り受け 五戸町が防災協定

協定書を取り交わした若宮佳一町長(左)と中村昭芳支部長
協定書を取り交わした若宮佳一町長(左)と中村昭芳支部長

五戸町は7日、日本建設機械レンタル協会青森支部(中村昭芳支部長)と災害時のレンタル機材の提供に関する協定を締結した。

 災害などが発生した際、同支部が提供可能な建設機材や避難所で使用するトイレ、冷暖房機器などを優先的に町に貸し出す。同支部が県内の自治体と同様の協定を結ぶのは15例目。

 町役場で行われた締結式では、若宮佳一町長と中村支部長が協定書を取り交わした。

 若宮町長は「町の備蓄では不足する機材のレンタル供給が可能になり、町民の安心な暮らしにつながる」と感謝。中村支部長は「いつどこで災害が起きてもおかしくない。いち早く支援を行い、町民に安心・安全を届けたい」と語った。

お気に入り登録