Freeだるまや商事、破産手続き開始 八戸でラーメン店経営

民間信用調査会社の帝国データバンク八戸支店によると、八戸市の飲食店経営「だるまや商事」(川村ひろみ代表)は13日までに、青森地裁八戸支部から破産手続きの開始決定を受けた。負債額は調査中。破産管財人には、同市の小野晶子弁護士が選任された。決定は3日付。

 同社は1992年設立。ショッピングセンターのフードコート内でラーメン店を営んでいたが、新型コロナウイルス禍で来店客が激減した。

 2020年6月には店名を「だるまや」に変更し、ラーメンと唐揚げの店として再建を図ったが、今年3月に閉店。事業再建策を模索したものの、新型コロナの収束が見通せず、業績回復は難しかった。

お気に入り登録