三沢商・野田快投 サヨナラ呼び込む

強豪校の打線を封じるお手本のような快投だった。三沢商の右腕野田海晴は横手から繰り出す緩急自在の投球で、光星打線を散発4安打と完全に沈黙させた。延長十二回、3時間18分に及んだ炎天下の大熱戦。「コースを突いて打たせて取る」。最後まで自らのスタ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録