三沢商、身上の守備ほころび

三沢商は終盤、内野守備のほころびからピンチを招き、悔しい逆転負けを喫した。守りからリズムをつくるのが身上というチームだけに、鎌本憲主将は「取れるアウトを取れずに走者がたまり、こういう結果になってしまった」と肩を落とした。 チームは四回、相手.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録