聖愛 狙い球絞り畳み掛ける

1点差に詰め寄られた八回、聖愛打線が青森山田4番手の山市洸大を捉えた。投げづらそうにする山市を見て、原田一範監督が「狙い球をじっくり絞っていけ」と指示を出すと、この回打者一巡の猛攻を見せ、一気に畳み掛けた。 4連打の口火を切った嘉瀬建は「長.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録