三浦哲郎を旅する。(5)「忍ぶ川」と郷里の町(一戸町)

1978年、岩瀬橋のたもとに建立された「忍ぶ川」文学碑=昨年8月、一戸町
1978年、岩瀬橋のたもとに建立された「忍ぶ川」文学碑=昨年8月、一戸町
三浦哲郎さんの芥川賞受賞作「忍ぶ川」(1960年)のラスト、郷里でささやかな結婚式を挙げた「私」と志乃は、新婚旅行で近くのK温泉へ向かう。その汽車の中で志乃は突然、「私」の実家を見つけて「あたしのうち!」と叫ぶ。その生い立ちから、家らしい家.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録