べっ甲材料、密輸入後立たず 20年で500キロ超押収

 べっ甲の装飾品(野生生物取引監視団体トラフィック提供)
 べっ甲の装飾品(野生生物取引監視団体トラフィック提供)
装飾品として利用されるべっ甲の材料となる、ウミガメの仲間タイマイの甲羅564キロが2000~19年に日本の税関に押収されたことが、環境団体の世界自然保護基金(WWF)などの調査で31日分かった。乱獲で絶滅が危ぶまれるタイマイの国際取引はワシ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録