20年度の新収蔵品350点展示/八戸市博物館

20年度中に博物館へ寄贈された出土品
20年度中に博物館へ寄贈された出土品
八戸市博物館(小保内裕之館長)で、企画展「新収蔵資料展」が開かれている。2020年度中に市民らから寄贈された約350点が展示されている。来月23日まで。 遺跡、古墳からの出土品や古文書、幕末の粗悪銭、えんぶり組の羽織など、さまざまな年代や分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録