【震災10年 復興の歩み】(8・完)野田村 三つの〝堤防〟で村守る

津波で失われ、新たに整備した前浜地区の防潮堤=2020年12月(本社小型無人機で撮影) 
津波で失われ、新たに整備した前浜地区の防潮堤=2020年12月(本社小型無人機で撮影) 
38人が津波の犠牲となり、北奥羽地方で最大の被災地となった野田村。海岸線には総延長2640メートルの防潮堤が完成し、津波から住民の命を守るためのハード事業は完了した。今後、地域コミュニティーの再生やにぎわい創出に向け、村の復興は新たなステー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録