【中国海警法施行1カ月】不測の事態に発展する危険性

 沖縄県・尖閣諸島
 沖縄県・尖閣諸島
中国海警局船に武器使用を認めた海警法が施行されてから3月1日で1カ月を迎える。日本政府は沖縄県・尖閣諸島周辺への上陸を海警局船が強行すれば、相手に致命傷を与えかねない「危害射撃」に踏み切る可能性に言及。海警法に反発する国内世論に押された格好.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録