【改革の顔】ムハンマド皇太子、権威に傷 米サウジの蜜月一転

 サウジアラビアを巡る構図(写真はAP、ロイター)
 サウジアラビアを巡る構図(写真はAP、ロイター)
バイデン米政権は26日、サウジアラビアのムハンマド皇太子(35)が同国人記者ジャマル・カショギ氏の殺害を承認していたとする報告書を公表、巨大産油国の「改革の顔」とされる皇太子の権威は大きく傷ついた。トランプ前米政権下で蜜月だった両国関係は一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録