青森県産和牛の肥育にICT活用 肥育技術確立へ 

牛の首などにセンサーを付けて実施した試験研究=6月、野辺地町(青森県産業技術センター畜産研究所提供)
牛の首などにセンサーを付けて実施した試験研究=6月、野辺地町(青森県産業技術センター畜産研究所提供)
青森県産業技術センター畜産研究所(野辺地町)は、情報通信技術(ICT)を活用し、ストレスを軽減した県産和牛の肥育技術確立に向けた試験研究に取り組んでいる。生産効率化と共に、飼育環境に伴う動物の身体面や心理状態に着目する考え方「アニマルウェル.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら