【工大一-八戸工】第2Pに一気6得点

工大一は第2ピリオド(P)に6得点し、一気に試合を決めた。第1Pは1得点に抑え込まれたが、「もっと質の高いプレーをしていこう」と選手同士で声を掛け合い修正。大野将輝主将は「うまく切り替えて得点できた」と勝因を語った。 第2Pに猛攻の口火を切.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら