コロナ禍にあえぐ青森県南地方の銭湯/営業時間短縮も、対策徹底し“生活の一部”守る

次亜塩素酸水を使用し、念入りに清掃を行う従業員=4月末、八戸市沢里の「長寿の湯」 
次亜塩素酸水を使用し、念入りに清掃を行う従業員=4月末、八戸市沢里の「長寿の湯」 
新型コロナウイルス感染拡大の影響は、青森県南地方の銭湯にも波及している。八戸市内では約30軒が住民の憩いの場となっているが、外出自粛のあおりを受けて利用者が激減。そんな中でも、銭湯を必要不可欠な“生活の一部”としている常連も少なくなく、店主.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら