原子力施設の新検査制度、運用開始 検査官の力量と事業者自らの取り組みが鍵/原子力規制委員会

原子力規制委員会は本年度、原子力施設を検査する新たな制度の本格運用を始めた。今後、規制当局は独自の視点で問題点を見つけ出す力量を問われ、事業者は自主的に安全性を追求する姿勢が求められる。新制度の成否が、原子力安全の鍵を握ると言える。 東京電.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら