時評(5月4日)

内閣府の有識者会議が日本海溝・千島海溝沿いを震源とした地震と、それに伴う津波の想定を公表した。青森県や太平洋沿岸などの県内市町村は、対策を迫られている。 想定されるマグニチュード(M)は9クラス。青森、岩手両県太平洋側の広い範囲で6強の震度.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら