ほたるの里で幼虫放流

八戸市立白銀南公民館(小玉吉美館長)と同公民館協力会「ほたるの里づくり推進委員会」(大館恒夫代表)は4月27日、同公民館近くの勘助川でホタルの幼虫の放流会を開催した。ボランティアら16人が、幼虫46匹と餌となるカワニナ約2千匹を放ち、成長を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら