給食調理員がマスク製作 新郷村

マスクの布をミシンで縫い合わせる給食調理員の女性
マスクの布をミシンで縫い合わせる給食調理員の女性
新型コロナウイルスの影響で青森県内でもマスクが不足している中、新郷村の小中学校で給食調理員として働く女性6人が4月27、28日の両日、布マスク約100枚を手作りした。今後、村内の小学生に寄贈する予定だ。 村では小中学校が5月6日まで休校中。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら