天鐘(3月24日)

「和敬清寂(わけいせいじゃく)」とは茶道で主人と客が心和やかに互いを敬い、茶室の雰囲気を清寂に保つことだという。「佗(わ)び茶」を完成させた茶聖、千利休が茶の湯の精神をこの4文字に込めた▼織田信長に茶堂として抱えられ、信長亡き後は豊臣秀吉に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録