崖っぷちから執念の逆転劇 

3点を追う九回。崖っぷちから逆転劇は始まった。先頭の代打馬場佑人が中前打で出塁。代走が二進後、けん制死したが、竹本祐瑛、佐々木壱成、平野凌央が安打で続き、まずは1死一、二塁の好機で回ってきたのは主将佐藤宏祐。昨夏、昨秋と県大会で当たり、いず.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録