直球迷わず強振、初アーチ 

高々と上がった打球は、放物線を描いて左翼席へ飛び込んだ。6―6の同点で迎えた八回、無死一、三塁の場面。八戸工の舘悠人が会心の本塁打で試合をひっくり返し、チームを勝利に導いた。 三回に先制点を奪われ、終始リードを許す苦しい展開。それでも、選手.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録