実習船「青森丸」が八戸帰港 新型コロナ影響で日程短縮

マスク姿で敬礼する八戸水産高の生徒=18日、八戸港館鼻岸壁
マスク姿で敬礼する八戸水産高の生徒=18日、八戸港館鼻岸壁
青森県立八戸水産高(藤澤重信校長)の生徒ら計58人が乗り込んだ実習船「青森丸」(660トン)が18日、米国ハワイ沖での航海実習を終え、八戸港に戻った。新型コロナウイルスを警戒し、感染者が出ている神奈川県での水揚げを行わず、予定より2日早く八.....
この情報へのアクセスは会員に限定されています。
会員登録の上、ログインしてください。