施設の維持管理費が増大、財政圧迫要因に/八戸市当初予算案

八戸市の2020年度一般会計当初予算案では、大型施設の建設事業費が減少した一方、施設の維持管理費は膨らんだ(写真はコラージュ。上は市立屋内スケート場、下は市総合保健センター)
八戸市の2020年度一般会計当初予算案では、大型施設の建設事業費が減少した一方、施設の維持管理費は膨らんだ(写真はコラージュ。上は市立屋内スケート場、下は市総合保健センター)
980億円で過去3番目の高水準となった2020年度の八戸市一般会計当初予算案。市中心街などの大型建設事業が落ち着き、前年度比78億円の減少となった一方、市立屋内スケート場の運営費を当初見込みより約1億円多い3億円と見積もるなど、公共施設の維.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら