【八戸市栽培研究リポート】(1)イチゴ

将来のイチゴ主力品種として期待が掛かる「よつぼし」(八戸市農業経営振興センター提供)
将来のイチゴ主力品種として期待が掛かる「よつぼし」(八戸市農業経営振興センター提供)
八戸市農業経営振興センターは2017年度から、イチゴの新品種「よつぼし」の栽培適性調査を行っている。従来の品種に比べ、単収や単価の向上が見込めることから、青森県内最大のイチゴ生産地である八戸の次代を担う“エース”として期待されている。 「さ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら