天鐘(2月26日)

1889(明治22)年に大流行した風邪を恐れた庶民は、玄関に「久松留守」と書いた紙を張った。歌舞伎の人気演目『お染久松(そめひさまつ)』の悲恋物語から「お染風邪」と呼ばれ、うちに恋仲の久松はいないよ―と追い払う洒落(しゃれ)だった▼その遊び.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら