時評(2月26日)

2020年度予算案の衆院通過を巡る与野党の攻防が、大詰めの段階を迎えている。政府与党は28日までに衆院を通過させ、年度内成立を確実にしたい方針だが、これまでの政府答弁の混乱ぶりから、衆院予算委員会での採決の環境が整いつつあるとは到底言えない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録