時評(2月17日)

三沢市中心商店街を通る県道の一方通行規制が2年後に解除される方向となった。対象は900メートル。このうち約半分の区間に架かるアーケードの撤去などを条件に、三沢警察署が市側へ方針を示した。10年以上にわたって市商工会が求めてきた対面通行の実現.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録