日本舞踊体験、興味深める 五戸川内中で出前教室

「祇園小唄」の踊りを披露する3年女子生徒
「祇園小唄」の踊りを披露する3年女子生徒
五戸町立川内中(佐藤和俊校長)で6日、芸術文化出前教室が開かれ、全校生徒が日本舞踊を体験し、その奥深さに興味を深めた。 教室は青森県の事業で、学校などに芸術文化団体を派遣し、鑑賞機会の充実や担い手の育成などを目的に実施している。 八戸市内の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録