八水39年ぶり16強 木下、冷静さ失わず 投打でけん引

八戸水がベスト8だった1973年以来、39年ぶりに3回戦の「壁」を突き破った。原動力となったのは、エース木下晋佑。打撃では5打数3安打1打点。投げては、シード校・八戸西を破った青森工打線を6安打2失点で120球完投。投打でチームを引っ張った.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録