光星大敗、頂点逃す 投打に課題 選手の奮起促す

ベスト8だった今夏の経験者を多く擁した光星が、大敗で2年ぶりの頂点を逃した。投打に課題が残る試合内容に、仲井宗基監督は「春、夏と負けた悔しさをバネにできていない。勝負にならなかった。自分たちで勝手にこけてしまった」と厳しい表情を浮かべた。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録