八戸工・高橋力投201球 「助けたい」ナイン一丸

【3位決定戦・八戸工―東義】22年ぶりの春の東北大会出場を決め、歓喜に沸く八戸工ナイン=六戸メイプル
延長十一回1死満塁、相手投手の2球目のスライダーが、榊拓実の右太もも付近を直撃した。厳しい顔つきになった榊とは対照的に、仲間は両手を挙げ、笑顔でベンチを飛び出してきた。八戸工が押し出しという思わぬ形で、22年ぶりの東北大会切符を手にした。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録