Freeローソンが田子に書店併設店 東北初、2月1日オープン 田子町店をリニューアル

ローソン田子町店を改装してオープンする「LAWSON マチの本屋さん」の店内イメージ

コンビニエンスストアのローソンは25日、田子町田子の国道104号沿いにある「ローソン田子町店」をリニューアルし、2月1日に書店を併設する「LAWSON マチの本屋さん」をオープンすると発表した。書店併設型のローソンの出店は東北地方で初めて。担当者は田子町に出店した理由について「三戸郡内に書店が少ないと利用者の方々からの声があった」としており、地元住民などの利便性の向上が期待される。

ローソンの担当者によると、「マチの本屋さん」は2021年6月、埼玉県に1号店をオープンして以来、茨城県や島根県など各地で展開。田子町店は国内7店舗目となる。コミックや雑誌、絵本、文庫本、小説など約6千タイトルを取り扱う予定だという。

店内では弁当やデザートなど、通常のコンビニの商品も販売する。

田子町店は現在改装中で、書店部分の約75平方メートルを増設し、売り場面積は計約306平方メートルとなる。24時間営業で、2月1日は午前7時にオープンする予定。

ローソンの担当者は「実際に手にとって本を選びたい方や、インターネットでのお買い物が得意でない方など、広い店内でゆっくり買い物を楽しんでいただきたい」とPRしている。

お気に入り登録