号令2カ月、急ぐ見直し 新規制の柱、消滅へ/原発の運転期間

 政府の原発政策(似顔 本間康司)
 政府の原発政策(似顔 本間康司)
原発の運転期間について「運転開始から最長60年」と制限した現行制度の見直し案を経済産業省が打ち出した。岸田文雄首相による検討指示の号令からわずか2カ月余り。東京電力福島第1原発事故後、国会審議や当時の与野党合意を経て、事故の教訓として導入が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録