Free米オスプレイ八戸に飛来 米軍「円滑、安全な訓練の準備」

八戸市桔梗野上空を飛行する米空軍輸送機CV22オスプレイ=8日午後3時55分ごろ(読者提供)
八戸市桔梗野上空を飛行する米空軍輸送機CV22オスプレイ=8日午後3時55分ごろ(読者提供)

米軍横田基地(東京都福生市など)の空軍輸送機CV22オスプレイ3機が7日に陸上自衛隊八戸駐屯地に飛来していたことが8日、東北防衛局への取材で分かった。同駐屯地付近では8日もオスプレイが目撃された。10~19日の日米共同統合演習(キーン・ソード23)に参加予定で、同駐屯地への飛来は初めてとみられる。

 東北防衛局によると7日に飛来した3機は同日中に帰還した。8日は午後3時半ごろから同4時にかけて駐屯地付近で離陸後や着陸前とみられるオスプレイが目撃された。

 演習では、八戸駐屯地で救助訓練と情報収集訓練に参加する計画が示されている。米軍は今回の飛来について「訓練を円滑かつ安全に実施するために必要な準備のため」としているという。

 桔梗野連合町内会の名久井廣会長は取材に「住民も不安と思うので事前に連絡がほしかった。オスプレイの事故を耳にするので安全に運用してほしい」と話した。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録