ガラス固化技術に貢献で表彰 米大教授を日本機械学会

イアン・ペグ氏
イアン・ペグ氏
使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)で高レベル放射性廃液のガラス固化試験が中断したトラブルの原因究明などに貢献したとして、日本原燃の技術開発を支援する米カソリック大教授のイアン・ペグ氏(65)が4日、日本機械学会から表彰された。 2013年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録