行政計画見直し1割どまり 中央省庁、廃止はゼロ 自治体負担、軽減せず

 行政計画の主な見直し内容
 行政計画の主な見直し内容
自治体に行政計画の作成義務などを課した約500の法律条項のうち、中央省庁が内容を見直す方針なのは47条項であることが25日、内閣府地方分権改革推進室の集計で分かった。全体の約1割にとどまる上、見直し策は「類似計画との統合を容認」「手続きを簡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録