Freeメルローで初の「八戸ワイン」 南郷産ブドウ使用、27日発売

27日発売の赤ワイン「メルロー 2021」=25日、八戸市長横町の「ヴァンタス」
27日発売の赤ワイン「メルロー 2021」=25日、八戸市長横町の「ヴァンタス」

八戸ワイナリー(亀橋進代表)は、八戸市南郷産の醸造用ブドウを100%使用した赤ワイン「メルロー 2021」を、27日から販売する。赤ワイン用ブドウの代表種メルローを原料とした「八戸ワイン」は同社初。担当者は「ゆくゆくは赤ワインのフラッグシップ(最重要商品)として増産したい」と力を込めた。

 「八戸産ブドウ85%以上」などが要件の八戸ワインで、同社の主要な新作は3本目。25日に会見した中野智広営業部長は「世界的に有名なメルローを手がけるのは創業時からの目標だった」と話した。

 桑の実や赤スグリなどの芳香と落ち着いた酸味が特長。ローストビーフをはじめ、幅広い肉料理と相性がいいという。アルコール分12・5%。1本750ミリリットル入り税込み3300円。限定500本を生産し、同市長横町のグループ店「ヴァンタス」のみで取り扱う。

 市によると、南郷地区でのメルローの収穫量は2017年産0・17トン、18年産0・46トン、19年産0・21トン、20年産1・03トン、21年産1・59トンと伸長。

 21年産では全体の11・48トンのうち約14%を占め、品種別では上位からキャンベルアーリー、ナイアガラ、マスカット・ベリーAに続き、4番目となる。

 中野部長は新型コロナウイルスの影響を「6月ごろから飲食店の客足が落ちた半面、家飲みの需要は高い」と指摘。このほか、21年産のブドウについて「過去5年間で最も質が高く、ワインの仕上がりもいい」と強調した。

 「メルロー 2021」の問い合わせは八戸ワイナリー=電話0178(81)2016=へ。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録