工大一 好機生かせず 東北大会切符逃す

工大一は八学光星に七回コールド負けを喫し、東北大会出場を逃がした。「自分たちは強いと過信し、プライドを捨て切れなかった」。菊池佑威主将は、攻め切れなかった試合内容を悔やんだ。 一回に先制されると、三回には4本の安打と守備の乱れで5点を奪われ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録