執念、集中打で逆転 最後は澤波決めた 光星サヨナラV

最終回、「諦めるなー」の掛け声がベンチから飛び交う中、八学光星は執念と言える粘りの攻撃を見せた。2点差を追い掛ける展開。それまで再三のチャンスで1本が出ず、強打を誇る光星らしくない拙攻が続いていた。 九回、先頭の3番武岡龍世が安打で出塁して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録